心療内科で心の病気を治す|メンタルヘルス治療情報局

先生

統合失調症を治療する

カウンセリング

思春期から青年期にかけて多くみられる精神疾患として挙げられるのが統合失調症で、100人に1人の確率で発症する頻度の高い病気です。自分や家族や周囲の知人が統合失調症にかかってしまうという可能性も十分にありますので、症状や対策方法などを把握して適切に対応できるようにしておきましょう。統合失調症は大きく分けて陽性症状と陰性症状の2つがあり、それぞれに違う症状が現れます。陽性症状は幻聴や幻覚が現れ飛灰妄想や学外妄想なども現れ、陰性症状は思考する能力が低下する思考障害や感受性が乏しくなる感情の平板化などが現れます。このような症状が見られた場合は、浦和などにある心療内科クリニックに行けば治療を受けることができますので、周囲の人間にこのような症状が見られたら浦和の心療内科クリニックに行くよう促しましょう。
浦和などにある心療内科クリニックで行われている統合失調症の治療として挙げられるのが、抗精神病薬の処方です。ただし、統合失調症が急性期の場合に抗精神病薬を処方すると症状の悪化を招くこともありますので、病態をしっかり見極めて薬を処方することが重要となります。血液検査などを行なって体の状態を正確に把握することによって、適切な薬を処方することができます。薬の量や種類を見極めるのは豊富な治療実績と経験が必要になりますので、経験が豊富な浦和にある心療内科クリニックで治療を受けるようにしましょう。また、統合失調症は早期治療が難しく、治療が長期間渡ることがほとんどですので、医師と信頼関係をしっかり築くことも非常に重要となります。浦和にある心療内科クリニックのような、何でも話せるアットホームな雰囲気の医師がいるところを選ぶようにしましょう。